TOP PAGE » カビ結露防止リフォーム, 新着情報, リフォーム事例 〜マンション編〜 » 結露・カビ対策リフォーム | 横浜 アリキリ

結露・カビ対策リフォーム | 横浜 アリキリ 

横浜市港南区 安心リフォームアリキリ・Arikiri

 

 

 

 

 

 

★ビフォー・アフター ~マンション編~

 

 

 

- M様邸 —

 

地域:港南区

施工期間:2週間

費用:932,000円

 

結露・カビ対策・インナーサッシ・内装リフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

- 結露・カビ対策リフォーム ―

 

 

 

 

 

[施工前]

 

外壁に面している壁はカビが相当発生しています。

 

これはほっておくと年々増殖してしまい、健康被害も懸念されます。

特に、四隅は湿気が染み出やすく、カビも色濃く発生しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

[施工中]

 

 

 

 

 

 

 

・・・解体作業・・・

既存の壁材を剥がすと、昔ながらの団子張り施工の跡がありました。

 

GLボンドを団子状に設置し、ボードを張っていくので、躯体とボードの間に空気の層が出来ます。

 

これが、空気中の湿気、結露発生の原因になります。

 団子は全部撤去です(^O^)!!

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・防カビ材塗布・・・

躯体のカビに浸透させる液体です。
躯体にローラーで塗布します。

 

 

 

 

 

 

 

・・・木工事・・・

壁の下地を造作します。

 

ボードを綺麗に貼る為に、垂木のピッチも揃えます。

天井の下地を造作します。
先の作業で拭く断熱材から木軸を養生します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・発泡ウレタン吹き付け工事・・・

この車に、発泡ウレタン吹き付ける為の一式が積み込まれてます。

 

現地に見学に行った様子のブログ

発泡ウレタンが吹き付けられました(^O^)
木軸の養生をはがし、余分な部分の削り作業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・内装工事・・・

ボードを綺麗にはります。

 

エアコン設置場所は厚いベニヤで補強された下地です。

ボードの貼り合わせや、ビスの頭の凹みをクロスが拾わないように、パテ材で馴染ませます。
綺麗にクロスが貼れました(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・インナーサッシ・・・

今回使用のインナーサッシは

LIXILのインプラスLow‐E複層ガラスです。

 

遮熱、断熱効果で、壁だけの施工より効果を発揮します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[施工後]

 

綺麗に仕上がりました。

一見、通常のお部屋と変わりませんが、今年の冬からは結露でビショビショになる窓拭きからも解放されますし、黒んずんだ壁を見てた不快感からも解放され、清々しいお部屋で気持ち良く過ごして下さい(*’▽’)

 

 

 

 

 

 

 

 

工事後にお施主様にインタビューさせて頂きました(^O^)

 

 

 

 

1.今回のリフォームのキッカケはなんですか?

 

北側の部屋は1部屋で、夜勤仕事をしている子供の部屋でしたので、昼間寝ており風が通せなかったので、一部屋だけ集中してカビが生えてしまった。

子供が独立し荷物がなくなり、色々な条件が重なり、今やらないと!!と、思いました。

 

 

2.リフォームするにあたり、心配な事はありましたか?

 

ここは戸建ではないので、壁をいじるので音の心配がありました。

コンクリートにビスを打つ音に身が縮まりましたが、近隣の皆さんにも『お互い様よ』と言っていただけて良かったです。

 

 

3.今回のリフォームで叶えたかった希望は叶いましたか?

 

一部屋まるごと、カビてる壁や窓、網戸、パッキンも変えて頂いて綺麗になり、クロスの貼替だけにしなくて良かったです。

 

 

4.工事中の職人の対応はどうでしたか?

 

何の問題もない職人さん達でした。皆さん、とても控えめな方でした。

工事中エアコンを外してしまっていて、暑い時期に申し訳なかったな・・と、思いました。

 

 

5.担当相良の対応はどうでしたか?

 

若いのに、周囲に目をくばりとても良く気がつく方です。

忙しそうですが、要所要所ちゃんと説明に来てくれて助かりました。

 

 

6.工事を終えて、ご感想をお願いします。

 

思ったより長い工事で、終わってホッとしています。

これから工事を考えてる皆さん、思い立ったら若いうちにすぐやった方がいいですよ!

 

 

 

完了後、お施主様と質問に答える担当:相良

 

 

 

 

 

M様、インタビューにご協力頂き有難うございました。

 

 

 

 

工事を終えて担当より

営業・現場管理担当:相良啓介

 

今回のお施主様は、何度もアリキリで工事をさせて頂いているリピーターさんで、カビで悩まれてクロスの貼替でのご依頼でした。

 

カビがこれだけ発生してるとなると、クロスを貼り換えただけでは数年後にまたカビが発生する可能性が高い事をお伝えし、断熱工事を提案させて頂きました。

 

マンションではしっかりとした断熱工事が行われている事が少ないです。

今回の既存の断熱材の厚みは10mm程しかなく、効果が薄かったと思います。今回は吹き付け工法により厚み25㎜を確保しました。

 

吹き付け工法の良い所は、垂木の隙間にも発泡ウレタンが入り込み空気層をなくし気密性が高くなり、断熱性能が上がる事です。

 

今回の様に断熱材にしっかりと厚みを持たせて施工すれば、今までのようなカビ被害に悩む事は少なくなります。しかし断熱工事を行ったからと安心して、室内を過度に加湿するなどには注意が必要です。

 

 

 

 

カビ・結露を詳しく知りたい方はこちら

投稿者:Ai Takase

 

 

 

コメントフォーム

新着ブログ

-->