TOP PAGE » 洗面リフォーム

洗面リフォーム 

洗面リフォームの完成写真

senmen_kansei_1 senmen_kansei_1 senmen_kansei_1

アリキリの洗面リフォームの特徴

洗面ユニットの寿命は25年~30年です。
寿命が近づくと特定の部分だけではなく全体的に劣化し、給水や排水金具などからの
漏水も起きてきます。

下台を開けて内部にある配管を手で触ってみるとなんとなく濡れている事が有ります。
このような状況は漏水を起こしていて、放置すると危険です。

リフォームの際には配管の傷み具合の確認も大事です。
金属配管を使用している場合には出来るだけ樹脂配管に変更しましょう。
配管に関しての判断は難しいので専門的な知識の有るリフォーム会社に依頼しましょう。
誤った配管を行うと漏水をしたり、臭いがしたり問題が起きます。

当社は社長が設備工事の専門技術者なので、水回りに関して専門的な知識と
豊富な施工実績が有りますので安心してご依頼頂く事が出来ます。

 

洗面ユニットに関して

ユニットは各メーカーから多くの製品が発売されています。
基本的な性能では大きな違いはありませんが、大きさ(横幅)・洗面台高さ
収納・水栓形状ボールの材質・デザインなどの違いが有り、価格が違ってきます。

商品をお選びになる場合は洗面所の大きさや洗面台の高さなど、
ご自宅の設置条件と使い勝手など製品の特長を確認してお選びください。

又、最近は床から洗面ボールまでの高さの高いものが出ています。
低い洗面台は使いにくく疲れるので適切な高さの商品を選んでください。

 

1)大きさ(横幅)

洗面ユニットは洗面ボール部分の有る本体だけを使う事も出来ますが
サイド収納部分との組み合わせで間口寸法の調整を行うことが出来ます。
本体部分の一般的な寸法は最小が500・600・750・900・1000・1200です。
サイド収納の横幅は一般に150・300・450の3種類が用意されています。
本体部分とサイド収納の組み合わせによって必要な大きさ(横幅)を
決める事が出来ます。

2)洗面ボールの素材

一般的な素材は陶器です。汚れや傷が付き難く衛生的な材質です。
但し、重いものを落とすと割れてしまう欠点が有ります。
その他にはホーロー製、人造大理石など樹脂製の製品も有ります。
最近は非常に硬い材質の樹脂製ボールが増えています。

(写真は人造大理石ボールのTOTOのオクターブ)

 

3)水栓

下の写真の様に最近の水栓はボールの上部パネル面に設置されているので、
水栓が汚れ難くボールの掃除も楽になっています。

 

4)本体部分収納

本体部分の収納は開き扉と引き出し式と開きと引き出しの
組み合わせの3通りです。
価格は開きが安く、引き出しが高い設定です。
一般に全面引き出し式の方が使い勝手が良いとされていますが、
収納するものによっては、開き扉が便利な場合もありますので
よく検討してください。(写真は引き出し式収納です。)

 

5)サイド収納

タオルや家族の下着などを入れるのに便利です。
又、幅の狭いものは化粧粧品などの収納すると洗面台周辺が
いつもすっきり片付きます。

一般にサイド収納のワイド寸法は150・300・450の3種類が
用意されています。

 

6)ウォール収納

化粧鏡の上部に設置する収納です。
詰め替え用品や、ティシュなど普段は使用しないものなどの収納に便利です。

 

7)化粧鏡

化粧鏡の形状は1面鏡・2面鏡.3面鏡が基本です。
1面鏡は鏡の脇に簡単な収納が有ります。
3面鏡は鏡の裏側が簡単な収納になっています。
価格は1面鏡が安く、3面鏡が高いです。

 

8)スイング3面鏡

新しい発想の化粧鏡で、鏡が手前に引き出すことが出来るので
前かがみにならなくてもお化粧が出来て大変楽になります。

9)本体高さ

今までの洗面ユニットは高さ75センチくらいが標準で1種類しか
ありませんでしたが、最近は高さが選べる洗面ユニットが増えてきました。
一般的に身長155センチでは75センチ、慎重160センチでは80センチが目安です。

 

10)洗濯機パン

最近では洗濯機パンの設置は当たり前になりましたが、比較的古い戸建て住宅などでは
排水か床から出ているだけと云う事も有ります。

リフォームの際には洗濯機パンを取付けて下さい。
排水パイプが切れたりはずれた時には堤防代わりになり守ってくれます。

 

11)設備配管

一般に洗面台を変えるには給排水の位置の変更が必要になり
配管を直すようになり、壁や床を壊しての作業になります。
予算を抑える理由で無理な配管のまま納めると事故の原因になります。
きちんと配管も整えるようにリフォームをしましょう。

(壁の給水と給湯配管を移動した様子)

 

12)内装

洗面所など水回りの内装は居室より汚れたり傷んだりします。
又、水漏れの事故などの可能性もあります。
水回りに強く交換も簡単なクッションフロアがお奨めです。

又、廊下やトイレなど他の部屋と連続してフローリングを張る事は
避け、洗面だけで区切る納まりにしましょう。
そうすることで何か直す必要が出て来ても大きな問題にならないで済みます。

 

 

ページトップへ戻る

新着ブログ

-->