TOP PAGE » 内装・収納リフォーム

内装・収納リフォーム 

内装&収納


(注)パナソニックの内装建材収納より

 
 

アリキリの内装リフォームの特徴

当社は『パナソニックの住まいのパートナーズ』の登録店で内装リフォームではパナソニックの製品を中心にサンゲツやシンコールなど一流国内メーカー品を採用していますので品質に優れ、
シックハウスなどでもご安心頂けます。

又、クロスやフローリング用の接着材などの品質も安全性を確認して施工しています。
特にアレルギー等で心配な場合には事前に接着材等の反応を確認させて頂く事も
行っていますのでご相談ください。
 
 

アリキリの収納リフォームの特徴

当社の収納リフォームで使用する収納扉や材料はパナソニックなど国内の有名メーカー品を
使用します。その為、品質の良さや安全性が優れており安心してご使用いただけます。

又、収納内部の設計に関してはお客様のご使用方法に合わせたデザイン及び寸法に
対応させていただきまので、使えないスぺースが発生しません。

更に収納品が不明で有ったり変更が考えられる場合には可動式の棚板でご提案いたします。
但し、可動式の棚は耐荷重が低くなるので重量の有る物には不向きです。
 
 

内装・収納リフォームのポイント

床壁天井建具などの内装は築25~30年経つと、
汚れたり傷んだりしリフォームを行う必要が出てきます。

又、和室を洋室にする際に畳をフローリングに変更し、
同時に押入れをクロゼットにするなども生活の変化と実用性を
両立したリフォームになります。

最近はリフォーム様に色々な内装材が出ていますし、
店舗用の材料を住宅にうまく使う事も楽しいと思います。

他にも既存のフローリングの上から張るだけで簡単にフローリング
リフォームが出来るものなど様々な内装リフォームがございますので
お気軽にご相談ください。

 

 

1.防音フローリングと一般フローリング

マンションではカーペットを防音フローリングにするリフォームが
良く行われます。
多くのマンションでは管理組合がフローリングの防音規定を
設けています。

一般にはLL45という等級設定を行っていますが、中には
LL40という上級の設定を行っているマンションもあります。

尚、防音フローリングはスリッパのパタパタ音やテーブルから
落下したスプーンの音など軽騒音に対しての防音性能は有りますが、
小さなお子様が椅子から飛び降りた際などの振動性の有る重騒音は
防音出来ませんのでご注意ください。

戸建て住宅では防音性能の無いフローリングを一般に張りますが
2階の歩行音が気になる場合には防音フローリングを張るとかなり改善されます。

 

2.お奨めフロアタイル床

樹脂製の床材で土足で上がっても傷がつかないほど丈夫で、
気を使わないでご使用いただけます。
価格も安く、大理石風などデザインも豊富でお奨めです。

上の写真はフローリング調のフロアタイルです。

 

 

3.収納リフォーム

アリキリの収納リフォームはお客様の収納活用のアイデアを
出来る限り実現できるように100%努力いたします。

私たちは1センチの違いで収納物が3つ収まるか4つ収まるか
という大きな差が出る事を実感しています。

お客様の収納計画を十分に理解して、プランニングを行い
納得いただけるまで何度でも図面を書き直しますので
ご安心ください。

以下は当社が手掛けた様々な収納の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る

新着ブログ

-->