TOP PAGE » 技術屋社長のブログ, リフォーム業者の選び方, 失敗しないリフォーム, 相見積・価格 » 横浜 リフォーム|失敗しない相見積の考え方(その3)

横浜 リフォーム|失敗しない相見積の考え方(その3) 

投稿:常田 豊

 

失敗しない相見積の考え方(その3)

 

前回は、意味なく相見積を取ると、

金額だけに意識が行ってしまい、

会社の姿勢など

『大事な点を見落とす事になる・・・』

と言うお話しをしました。

 

では相見積金額以外の大事な点とは

何でしょうか?

 

例えばマンションのフルリフォームで

機器類など見た目の内容が同じで

A社は800万円、B社が700万円で

100万円の差が有ったとします。

 

一体その差は何なのでしょうか?

『業者の儲け過ぎ?・・・』と

お考えになる方も多いと思いますが、

 

良心的な業者なら表に見えない配管交換や、

壁の内側の断熱工事など、耐久性や

室内環境など建物の基本性能に係わる

『プロでなければ知らない重要な部分』

行っている事が十分に考えられます。

 

このような事は目に見えないので

安く見せる為にお客様に知らせない

業者も多くいまが、遠くない将来

問題として必ず現れます。

 

その時の改修費用は100万円では

とても済まない事が多く、200万円、

300万円と言う事になります。

 

こうした重要な事も価格だけで判断すると、

見逃してしまう事になります。

 

そう考えると、リフォームで失敗しない為には

『誠実で仕事の本質を知り、しっかり工事が

出来る業者に依頼をする』事になります。

 

ではどうしたらその業者を見分けられるのか

と言う事です。

 

今回は失敗しない業者選びのお話しです。

 

 

 

 

 

7.地元で長く商売をしているリフォーム屋さんを選びましょう・・・

 

リフォーム業界はまだまだ不安定な業界で

私が見ていても怪しげなリフォーム業者が

多いと感じます。

 

一昔前のように、リフォーム詐欺は

少なくなった様ですが、いまだに、

口先ばかりで営業を行い、

質の悪い工事を行う業者が横行しています。

 

こう言う会社の目的は『契約を取る事』

良い仕事を行ってお客様に喜んで頂きたい

などの気持ちは皆無です。

 

当然ながらこうした業者の多くは

問題を起こします。

しかし、地域を変えたり社名を

変えて転々と営業を続けています。

 

そこまでは行かなくても基本的な

考え方が自分勝手で誠実では

無い業者が多いことは確かです。

 

その点、地元で長年商売を続けている

会社は比較的安全と言えます。

 

当社もそうですが、こうした会社は

地域に根差して仕事を行っているので

変な噂が立ったらすぐに

会社がおかしくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

8.会社訪問を必ず行いましょう・・・

 

地域に有る会社ならば訪問するのも

難しい事ではありません。

 

会社訪問はとても重要で、片付け具合や

接客態度、社員の勤務態度などを

見るだけでも会社の姿勢が分かります。

 

第一印象で、なんとなくいい感じがしたら

ほぼ大丈夫です。(但し、人を見る眼が

ある事が前提・・・)

 

何か気になる点があれば、やめましょう。

 

『悟ると共に働かす・・・』と言う言葉が

有るように、気になることは、何かの警告と

捉えご自分の感覚を信じる事です。

 

 

 

 

 

 

9.会社の姿勢は社長の姿勢で決まります・・・

 

出来れば社長に会って話を聞きましょう。

その会社がどんな会社なのかは

社長の考え方で決まっています。

 

社長に会ってしっかり話を聞けば

ほんとうの会社の姿がわかります。

いくら格好の良いことを云っていても

嘘ではしょうがありません。

 

嘘をついていれば、

・お客様から目をそらす

・きょろきょろ、そわそわ落ち着かない。

など必ず不自然な行動に気付くはずです。

そこをしっかりチェックして下さいね。

 

やけに『調子が良かったり、なんでも安易に

請け負う』場合も逆に怪しいです。

 

頼まれごとを本気でやると云う場合には

簡単には約束出来ない事は皆さんも

ご存知のはずです。

 

 

 

 

 

 

 

9.会社訪問をする際の準備・・・

 

会社訪問する際には、事前に

電話をしてから伺う事をお奨めします。

 

簡単にどんな内容の相談かを伝えて下さい。

訪問に際しては以下をご用意されると良いです。

 

①リフォームされたい部位と理由を

箇条書きにしたもの、予算も書いて下さい。

②平面図のコピー

③状況が分かる部位の写真

以上です。

 

今回はここまでです。

次回をお楽しみに・・・

 

 

 

 

 

2級建築士

一級管工事施工管理技士

マンションリフォームマネージャー

(株)アリとキリギリス

代表取締役 常田 豊

 

記事タグ:横浜 リフォーム|失敗しない相見積の考え方(その3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

comment closed

新着ブログ

-->