TOP PAGE » 技術屋社長のブログ, リフォーム業者の選び方, リフォーム業界のこと, 失敗しないリフォーム » 横浜 リフォーム|リフォームは会社選びで決る(後編)|アリキリ

横浜 リフォーム|リフォームは会社選びで決る(後編)|アリキリ 

投稿:常田 豊

 

横浜 リフォーム|リフォームは会社選びで決る(後編)|アリキリ

 

 

このブログはこれからリフォームを

予定している皆様がリフォームで

失敗しない為に横浜の現役リフォーム会社の

社長が書いています。

 

 

前編では、

1.リフォームの被害者にならない考え方

2.成功リフォームにも失敗リフォームにも原因がある。

3.どの会社も同じようなリフォームが出来る訳ではない。

4.価格がすごく安くて品質がすごく良いリフォームはあり得ない。

5.3タイプに分けられるリフォーム会社の失敗確率。

 

と言う内容で失敗リフォームの原因や

失敗を起こしやすいリフォーム会社に

付いてお伝えしてきました。

 

後半はリフォーム会社を選ぶ際の

相見積の活用方法などを中心に

さらに業者選びについてお伝えして行きます。

 

 

 

 

 

 

 

1.リフォ-ム業界のブラック会社の変遷・・・

私は横浜の港南区でリフォーム黎明期の

1991年からリフォームを行っています。

 

長く業界を見てきましたが、リフォーム業界は

法的な規制が緩く参入が簡単な為か、

 

昔から怪しい人達が参入しています。

そうしたブラックな会社の事を少しお伝えします。

 

 

 

2.最初はリフォーム詐欺、次は悪徳リフォーム・・・

 

リフォーム詐欺は不必要な床下換気扇の設置、

効果のない耐震補強、発生していないシロアリの

でっち上げ等で不安に乗じて欺す手口です。

 

リフォーム詐欺がマスコミにたたかれて、

静かになったと思ったら、次に出てきたのが

悪徳リフォームです。

 

サイディングや外壁塗装、屋根など外から

見えやすい部分が狙われました。

 

訪問販売で強引な営業と粗雑な工事で

大問題になり、訪問販売に規制が

掛かって来ました。

 

この中には、P?サイデリアやP?ハウスなど

テレビやラジオで宣伝広告を行う会社も

ありました。

 

 

3.今も多い悪徳訪問販売業者から変身したリフォーム業者

 

最近は横浜でも訪問販売でリフォーム営業する

業者はほぼ無くなってきましたが、

 

当時の訪問販売会社の社員だった連中が

立ち上げた会社が今も横浜には多く有ります。

 

 

彼らは、売り込む事に大変たけています。

以下はそんな会社の見分け方をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

4.ホームページの印象と実際の差を

チェックする・・・

 

インターネット上でリフォーム業者を

探す方が多くなって来ました。

 

例えば、横浜リフォームとか横浜カビ結露など、

希望される検索ワードを入れて、

ホームページ探します。

 

何社か良さそうな会社を見つけて

見積もり依頼を行います。

 

その時にホームページから受けた印象と

実際の社員や会社から受ける印象の

差を確認します。

大きな差がある会社は問題です。

 

すごくオシャレなホームページなのに

現場調査に来た担当者の格好がだらしない

という様な事です。

 

ホームページの役目は仕事に対する会社の

考え方、やり方をなるべく正しくお客様に

お伝えする事です。

 

そのホームページがお客様を惑わすような

ものだとしたら、その会社の基本的な姿勢に

問題がある事になります。

 

 

 

 

 

 

 

5.相見積もりの効果的な利用法・・・

 

始めてのリフォームや信頼出来る業者を

知らない場合には相見積を行います。

 

評論家は『相見積もりは最低3社、

出来れば5社取って各社の

金額を比較しましょう』

 

と云っていますが、金額の確認は

参考程度にしましょう。

一般的にこの位は掛かると言う

確認までで十分です。

 

結局の所お客様には値引きが何%とか、

経費が高い安いと言う程度しか

分からないと思います。

 

解体はどの範囲までか、下地は

再使用するのか、施工管理は誰が

どの位の頻度で行うかなど

 

本当にリフォームの品質に関わる事は

残念ながら相見積からは読み取れません。

我々プロでも簡単には分からないと思います。

 

結局、合計金額の比較になり良い業者、

ご自分に合った会社を探す事にはなりません。

 

そして多くの方が

『金額の誘惑されて失敗リフォームの

被害者』になっています。

 

 

 

 

 

 

 

6.相見積はお見合いと同じ感覚で行う・・・

 

安くやってくれる会社を探す事が本当に

大事な事でしょうか?

私は違うと思います。

 

何かあっても安心して頼める会社と出会う

事の方が大事だと考えています。

 

価格の感覚や価値観が近い信頼出来る

良い業者と知り合えばどんな小さい事も

気楽に頼めて将来的にも安心です。

 

相見積もりはお見合いと同じです。

これから長い付き合いになる相手を

見つける機会と考えてはどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

7.実戦的な相見積もりの進め方・・・

 

フルリフォームなど大きなリフォームを

行う前にトイレやクロスの張り替えなど

 

比較的小規模なリフォームを計画し、

何社かに声を掛けて相見積を取る

と云う方法もお薦めです。

 

小さな工事なので、仮に失敗しても

被害が少ない事がポイントです。

 

一度リフォームをお願いして仕事を

よく観察すれば会社の姿勢が分かります。

 

最低限必要な条件は

・仕事が丁寧なこと。

・お客様との打ち合わせが十分なこと。

・担当者が現場の状況を良く確認していること。

です。

上記に関して問題が無ければとりあえず合格です。

 

 

 

 

 

 

 

8.要注リフォーム意業者の見分け方・・・

 

相見積を依頼して一番確認すべき点は

その会社の姿勢です。

 

担当者の態度、提案力、見積の信頼性、

施工体勢などを確認します。

 

このブログの前編

リフォームは会社選びで99%決り(前編)@橫浜リフォーム

(株)アリとキリギリス

 

にある3タイプのリフォーム会社のうち、

どのタイプかを見定めます。

 

 

9.失敗の確率が高く施工レベルの低い会社の特徴

 

横浜でも見かけますが、社歴が短い割に

急激に成長している会社です。

そうした会社は広告もふんだんに行い、

インターネット検索でも上位にいます。

 

私は、イケイケ系と云っていますが、

広告費をふんだんに使い歩合制の

営業マンを雇い仕事を取っ行く事だけに

集中している会社です。

 

そうした会社は施工体制や施工管理体制が

軽視されている上に会社の利益追求が強い

為に失敗リフォームの確率が高くなります。

 

後々何か問題が起きても営業担当は

辞めたとか、いろいろな言い訳をして

きちんとした対応はしません。

 

 

 

10.失敗の確率が高く施工レベルの低い会社の見分け方

 

問題を起こしている会社はインターネット上でも

話題になっている事が多いので、ネットで検索を

すれば分かります。

 

誹謗中傷のような書き込みもありますが

実際にリフォームをした方の書き込みや、

元社員だった人や下請けさんの話など、

 

まったく根も葉もない事ではない

と思える事も出ています。

 

全てが信頼出来るかどうかは別として、

断片的な情報でも、なんとなくなく会社の

雰囲気は感じられるはずです。

 

 

お客様と一緒にリフォームを作り上げる事は

われわれにとっても大変楽しいことです。

 

人生にそう何回も無い貴重な機会です。

失敗しない為にしっかり業者を

選びをして下さい。

 

最後までお付き合い頂き

ありがとうございました。

 

 

『後編のまとめ』

1.リフォーム業界は昔からブラックな会社があり、

今も血筋を引い た会社が多く残っている。

2.怪しい会社を見抜くにはホームページと現実の差を

よく確認すること。

3.相見積もりで本当に見抜く部分は人と会社の姿勢

4.相見積もりはお見合いと同じで良い会社を見つける事

5.小さな工事で業者を確認する。

6.危ないリフォーム業者の特徴1.

 

 

 

 

一級管工事施工管理技士

2級建築士

マンションリフォームマネージャー

(株)アリとキリギリス

代表取締役 常田 豊

記事タグ:横浜 リフォーム|リフォームは会社選びで決る(後編)|アリキリ

 

 

 

comment closed

新着ブログ

-->