TOP PAGE » 技術屋社長のブログ, 住宅維持管理・計画的リフォーム » 横浜 リフォーム|木部の多い輸入住宅の維持管理の実例|港南区 アリキリ 

横浜 リフォーム|木部の多い輸入住宅の維持管理の実例|港南区 アリキリ  

投稿:常田 豊

 

横浜 リフォーム|木部の多い輸入住宅,の維持管理の実例|港南区 アリキリ

 

 

 

今回、ご紹介するのは橫浜市港南区の

木質系輸入住宅の外部のリフォームのご報告です。

 

こちらは北欧系の輸入住宅で木部の多い

築12年の住宅です・・・

 

サッシやベランダ手摺など比較的

木部の多い作りで、さすが北欧の雰囲気が

ただようすばらしい雰囲気です。

 

3重ガラスなっているサッシは国産の物では

あり得ない厚さで本当に重厚感があり

すばらしいです。

 

 

 

 

「木製ベランダ手摺の補修、木製サッシ廻りと

ウッドデッキの塗装」と云う内容で現場調査をして

見積を出して欲しいと言うご依頼でした。

 

 

ご契約を頂き、足場を掛けて、よくよく現場を

確認してみるとコーキングが劣化で切れていたり、

 

サイディング部分の塗装が劣化して

チョーキングを起こしていたり、

 

木製のベランダ手摺もご指定頂いた部分以外に

腐っていたりで、気になる点が色々出てきました。

 

 

ご主人に「気になる部分のご説明」をさせて頂き、

最終的にはコーキングの打ち替えと

 

サイディングの塗装を含め、私の提案通り

リフォームをさせて頂く事になりました。

 

5~6年前に窓木枠を塗装されたそうです。

塗装は浸透性の木材保護塗料ではなく、

塗膜を形成する塗料で行われておりました。

 

そんな状況なので今回も塗膜を作る方法

に限定される事になりました。

 

又、ウッドデッキ材のレッドシダーで作られた

ベランダ手摺、笠木もやはり塗りつぶされて

いました。

 

 

こちらの現場で維持管理に関して

私が感じて点を以下でお伝えさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

1.屋外に木材を使用している場合には3年ごとの塗装を忘れない・・・

屋外の木部は木材保護系の塗料でも

普通のウレタン塗料でも、3年ごとに

塗るのがベストです。

 

ベランダ部分はまだなんとか補修が

出来るので良いですが

 

木製サッシが傷んでしまったらきっと簡単には

交換はできないでしょうし、費用もずいぶん

掛かるのではないかと感じました。

 

特に塗膜型の塗料を木部に塗った場合には

どこからか吸い込んだ水が蒸発する祭に

塗膜が押し上げられ塗膜の剥離に繫がります。

 

 

 

P1110033

【腐ったベランダ木製笠置】

 

IMG_1836

【木製ベランダ手摺の修理】

 

昔、木製の玄関ドアが流行っていました。

最初は誠に風合いがあり良いのですが、

 

メンテナンスを行わずに5~6年もすると

内側は何でもないのですが、外側のクリアニスが

 

剥がれ哀れな状態になっているのを

よく見かけました。

 

水を吸い込まないような部位でも塗装は

太陽の紫外線で激しく劣化をします。

 

木材など風合いの良い物を使うと言うことは

メンテナンスにも手間や費用が掛かると言う事を

まずはご理解頂いたらよいと思います。

 

もし、メンテナンスに気も費用も使いたくない

のでしたら、外部での木の使用は避けるべきです。

 

 

 

 

 

 

2.サイディングの住宅は10年ごとのコーキング打ち替えを忘れない・・・

サイディング壁のジョイント部分や窓廻りの

雨仕舞い納まりはコーキングで行います。

 

IMG_2121

【コーキング工事】

 

そしてコーキングも塗装と同じで劣化により

10年位で硬くなったり、切れたり剥がれたりします。

 

隙間が出来るとそこから雨が侵入し木材を

腐らす事になります。

 

「外壁塗装の度にコーキングの打ち替え」を

忘れないで下さい。

 

 

 

 

2級建築士

一級管工事施工管理技士

マンションリフォームマネージャー

(株)アリとキリギリス

代表取締役 常田 豊

 

記事タグ:横浜 リフォーム|木部の多い輸入住宅,の維持管理の実例|アリキリ

 

comment closed

新着ブログ

-->