TOP PAGE » 技術屋社長のブログ, 相見積・価格 » 横浜 リフォーム|欺されない為のリフォーム価格の知識|アリキリ

横浜 リフォーム|欺されない為のリフォーム価格の知識|アリキリ 

投稿:常田 豊

 

 

横浜 リフォーム|欺されないリフォーム金額の知識|港南区 アリキリ

人間はだれでもタダとか無料とか激安

という言葉に弱く、引っ掛かってしまう

性質が有るようです。

 

リフォーム業界もご多分に漏れず、

激安戦略を行っている会社が

橫浜にも多くあります。

 

リフォームが他の商品と異なる所は

メーカーの製品を現場で組み立て、

 

据え付け配管、配線を行う事で

始めて完成品になる事です。

 

その為、現場での施工や施工管理が

悪いと品質の悪いユニットバスやキッチンに

なってしまいます。

 

同じTOTOの定価100万円のユニットバスでも

施工が悪ければ70万円の価値しかない

と言う事です。

 

そして施工の善し悪しは、見えない部分での事が

多く、問題が起きて始めて気が付く事になり

その為、修復に多額の費用が必要になります。

 

上記の事から金額の安いリフォームが本当に

お得な買い物かどうかは疑問です。

 

現場仕事で大きく善し悪しの差が出る

リフォームは施工前の見積金額で

安い、高いを判断しても意味が無いと言う事です。

 

一般常識から言えば、見積金額が安ければ

品質も良くないとなります。

 

残念ながら未だに安い事が良い事だという

考えが横行している事が、リフォーム業界の

レベル低下の原因でもあると思います。

 

どうしても、『高い物を買わされるのではないか?』

と言う心配が先に立つようですが、

 

逆に、『安物を買わされるのではないか?』

と言う心配をされた方が良いのではないでしょうか。

 

リフォームで失敗される方の多くは

価格の誘惑に負けて、リフォーム業者を

見誤った方達です。

 

 

今回はリフォームの価格の仕組みを理解して

価格の誘惑に負けて失敗リフォームをすることの

ないよう、このブログを読んで下さい。

 

 

 

 

1.知っておこうリフォーム価格の構造と品質の関係・・・

リフォームの価格構造は、

材料費+労務費(外注費)+管理経費+利益です。

 

どのリフォーム会社でもほぼ同じです。

請負金額を100万円とすると、

工事の内容によりますが、

 

概ね、材料費35万円、労務費35万円、

管理経費25万円、利益5万円と言った比率です。

 

この数値が保たれないとリフォーム会社は

成り立ちません。

 

チラシや見積書でどのように数字を作っても

大きくこの数値のバランスを欠いたら会社が

 

成り立たないので、まともな会社ならば

大きな価格差が出る事は今までの

経験でも無いと思います。

 

製品の仕入れで多少の価格差はでると

思いますが、そこそこ売り上げている

会社ならばさほど大きな差には成らない様です。

 

見積金額で激安というような異常に安い金額を

提示している業者は、職人さんの賃金と経費を

下げています。

 

それは、『施工の手抜と施工管理の削減』

意味します

 

 

例えば、普通なら職人さんが5日掛かる仕事を、

予算が厳しいからと言って4日分の費用しか

 

出ていない場合には4日で完了するような

雑な仕事をされると言う事です。

 

 

又、経費の削減は現場管理の削減になり

品質の低下になります。

 

リフォームや新築など住宅産業のクレームの

多さはこうした構造的な問題が影響していると

私は思います。

 

もちろん合理的な段取りでスムースに仕事を

進める努力は必要ですが、度お超えると

問題が起きてきます。

 

当社の場合残念ながら、

「アリキリさんは安いですね」と

云われた経験はほとんどありません。、

 

私は適正な金額だと思っています。

良い仕事を行う為に必要な職人さんの手間と

管理経費を見させて頂いています。

 

その為、クレームも少ないし、リフォームをされた

お客様にも満足を頂いていると自負しています。

 

 

 

 

 

2.お客様の協力がコストダウンやリフォーム成功に繫がる・・・

 

お客様の協力がコストダウンやリフォームの

成功に繫がる事をご存知でしょうか?

 

もっと合理的な方法で、出来る限り

ローコストのリフォームが出来る様に

考える事は重要な事だと思いますが、

 

お客様にもリフォームの工事の内情を

もう少し知って頂き、ご協力を頂けると

コストダウンが出来ると考えています。

 

例えば家具の移動です、不在で行う

フルリフォームを除いてリフォームで

一番時間が取られるのが家具の移動です。

 

住みながらのリフォームでは家具を

移動しながら工事を行う必要が

必ず出てきます。

 

この移動を職人さんや会社のスタッフに

やってもらう事が当たり前のように

 

なっていますが、家具を移動したり

荷物を片付けるのは本来、職人さんの

仕事では無いと言う事です。

 

お客様も重くて移動できない、このままでは

仕事にならないので職人さんが

移動していますが、

 

本来リフォームする部屋は、なにも無い状態に

あるべきだと私は思います。

 

まったくなにも無い状態というのも難しいと

思いますので、せめて中の物を出して

 

空にして置くぐらいの準備はお願いしたいと

思います。

 

これは金銭の問題ではなく気持ちの

問題かも知れませんが、職人さんに

 

しっかりした良い仕事をして欲しい、

又はさせて上げたいとお考えでしたら、

是非ご協力頂きたいと思います。

 

このような方法で職人さんには出来るだけ

本業をしっかりやって頂く方が人工も減るし

仕事も綺麗に仕上がります。

 

このようなお客様の協力で、荷物移動の

雑費を減らせたり、仕上がりがより良くなる等

有形無形の良い事が有ります。

 

 

今回もお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

 

2級建築士

一級管工事施工管理技士

マンションリフォームマネージャー

(株)アリとキリギリス

代表取締役 常田 豊

 

記事タグ:横浜 リフォーム|欺されないリフォーム金額の知識|港南区 アリキリ

comment closed

新着ブログ

-->