TOP PAGE » 技術屋社長のブログ, その他 » 横浜 リフォーム | 10%消費増税とリフォームの準備 | 港南区 アリキリ

横浜 リフォーム | 10%消費増税とリフォームの準備 | 港南区 アリキリ 

投稿:常田 豊

 

 

横浜 リフォーム | 10%消費増税とリフォームの準備 |  港南区 アリキリ

 

消費税が現在の8%から10%に増税になる予定は、

2015年10月1日以降と言うことになっています。

 

実際に実施されるかどうかは別にして、

仮に来年の10月に増税と云う事になった場合に、

 

今後リフォームを検討されている方に

取ってどんな事が起こるのでしょうか。

 

2014年4月の増税時に起きた実例を

ご報告いたします。

 

次回10%増税への対応の参考にして

頂ければ幸いです。

 

アリキリでは今年の4月の増税に絡んでの

現場の様々な影響は6月まで続きました。

 

増税実施が昨年10月に正式決定されましたが、

その影響はすでに昨年の9月頃か出て来ていました。

 

最初の影響は大工さんで、誰に頼んでも

今年中は仕事が既に1杯で、新しい仕事は

引き受けられないと言う状況でした。

 

当社でも、いろいろ手を尽くしたのですが、

9月にご依頼を頂いていた現場が

 

年明けの1月着工という前代見物の

事が起きてしまいました。

 

年明けした後は、内装屋さんに仕事が

集中して、予定が組めない事態が発生しました。

 

最後は住設各メーカーさんに注文が

集中して、キッチン、ユニットバス、洗面台、

 

水栓金具、便器と考えられないような商品が

工場の生産数量超過による受注中止だとか、

 

どこかの商社による買い占め

(本当かどうかはわかりません)などによって、

 

いつ入荷出来るかわからないと言う状況が、

2月~3月と続きました。

 

通常は納期2週間のユニットバスや

システムキッチンなどは1月半~2ケ月納期が

 

当たり前になり、便器など通常2~3日のものが

1ケ月以上、と言うありさまでした。

唯々待つ状態が続き、なすすべがありませんでした。

 

驚いたのは2月初旬に注文したキッチンが

5月の連休中にづれ込むと事になり、

 

最終的にそれらのごたごたは6月に

入っても続くような状況でした。

 

消費税の影響は対策済みといっていた

政府の対応はリフォームに関して言えば、

機能していなかったと言えると思います。

 

 

 

 

 

□消費税増税の影響は8ケ月前から出ていた・・・

上記の様に今年の4月の8%増税の事を

振り返って見ると、人手不足の影響は

「8ケ月位前」から起きていた事が分かります。

 

仮に予定通り2015年10月に実施される事になると、

影響は「来年の2月頃」から出始める事が予想されます。

 

と言うことは、既に計画のある方はその前までに

終わらせておけば何の心配もないと言うことです。

 

現在建築業界は、普通の状況でも職人さん

不足の状況になっています。

 

消費税増税のような特別な事があれば、

更にその影響は深刻で、なるべく腕の良い

 

職人さんに仕事をお願いしようと考えると、

相当前からの準備が必要になると言うことです。

 

 

 

 

 

□比較的規模の小さなリフォームは3ケ月・・・

では一般にリフォームの準備期間は

どの位必要かと言う事ですが、比較的

 

小さなリフォームの場合は以下のような

進捗になります。

 

ご相談から着工までは概ね2ケ月間が必要で、

工事完了までは2ケ月半位になりますので、

「3ケ月」とお考え頂ければ良いとか思います。

 

①ご相談~現地調査 ・・・1週間

②現地調査~見積提出・・・2週間

③見積内容変更~契約・・・2週間

④契約から着工   ・・・3週間

⑤工事期間     ・・・1~2週間

 

 

 

 

 

□規模の大きなリフォームは6ケ月・・・

戸建て住宅の再生リフォームやマンションの

全改装規模の大規模リフォームの場合には

 

以下の様に設計、積算作業や内容の

変更なども多くなります。

 

更に準備や工期も長くなり、ご相談から着工までは概ね3ケ月が必要です。

施工は2ケ月半程度なので、完了までは、「6ケ月」と、ご承知起き下さい。

 

①ご相談~現地調査 ・・・1週間

②現地調査~見積提出・・・3週間

③見積内容変更~契約・・・4週間

④契約から着工   ・・・4週間

⑤工事期間     ・・・8~10週間

 

 

 

 

 

□今度の10%増税の準備はいつまでに・・・

上記の事から、比較的小規模なリフォームでは

今年の「11月まで」にはご相談を頂き、2月までには

工事を完了させると言うプランが良いかと思います。

 

又、比較的大規模なリフォームの場合、2月に

工事を完了させる為には「8月まで」にご相談を

頂くと消費税の影響を受けないで済むと思われます。

 

 

 

 

□既に見積依頼などを行っていらっしゃる方・・・

又、既にリフォーム業者さんと打ち合わせを

開始していらっしゃる方は、例年の年末に

 

向かっての受注増と消費税増税の両方で、

どの業者さんも年末向かっては相当忙しくなると

思われます。

 

上記の影響で金額交渉等も徐々に難しくなる事も

考えられますので、ここは検討を急ぎ、早めに

 

結論を出し、良い職人さんの手配を

お願いするのが得策ではないかと思います。

 

□良いリフォームの実現は・・・

「早めの準備と良いリフォーム業者選び」が決め手です。

 

今回もどんな状況になるのか私にも想像が

付きません。

 

只、一つ云えることはどうせリフォームを行う

と決めているならば、一日でも早く動き出す事です。

 

是非、早めの準備ですばらしいリフォームを

実現して下さい。

 

今回は、4月の消費税増税で業界に何が

起きていたかの裏話と対策のアドバイスを

お話しさせて頂きました。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

(株)アリとキリギリス

取締役社長 常田 豊

 

 

記事タグ: 横浜 リフォーム | 10%消費増税とリフォームの準備 |  港南区 アリキリ

 

 

 

 

 

comment closed

新着ブログ

-->