TOP PAGE » 新着情報, その他 » まったく新しい事務系正社員 『リフォーム業務スペシャリスト』 募集ブログ

まったく新しい事務系正社員 『リフォーム業務スペシャリスト』 募集ブログ 

投稿:常田 豊

 

まったく新しい事務系正社員 『リフォーム業務スペシャリスト』 募集!

 

こんな方にお薦めしたいです・・・

自分の時間や家庭を犠牲にせず、能力やスキルを活かして良い収入を得たい。

今回はこんな方の求人募集を行っています。

 

一般に収入を望めば退社時間が遅くなったり、ストレスの多い仕事になる事が常識ですが、今回募集している『リフォーム業務スペシャリスト』は事務系の良さを保ちながら、営業系のような企画性や収入が伴う今までにない働き方です。

 

当社は住宅専門のリフォーム会社ですが、今までのリフォーム会社には無かった、全く新しい働き方を考え出しました。

 

このブログではリフォーム業務スペシャリストに関して詳しくお伝えしていますので、『私にピッタリ・・・』とお感じになった方は是非応募をしてください。

 

応募要領はこちらです・・・

 

 

 

 

1.いままでのリフォーム会社には無いリフォーム業務スペシャリストと云う職種・・・

一般にリフォームの業務は大きく営業と工事に分かれます。

通常、営業は営業担当者、工事は工事担当者が行いますが、当社は業務を『準備と実行』に分け、『2人の担当が並列で業務を進めるパラレルワークス』と云うスタイルを考え出しました。

 

 

 

 

パートナーで業務実行役のリフォームコーディネーター(以降コーディネーターと記載)と準備役のリフォーム業務スペシャリスト(以降業務スペシャリスト)が一つの現場を担当し工程毎の作業を『準備と実行』に分けて共同で行います。

例えば見積書作成では、業務スペシャリストが完成度90%程度に仕上げ、最終チェックなど残り10%をコーディネーターが行い、見積提出実行はコーディネーターが行います。

 

営業や工事と云った最前線の実行業務は行わず、必要業務を専門的な知識とプロの判断持ち行う事から『リフォーム業務スペシャリスト』という名称にしました。

これは当社にしかない職名です。

 

 

 

 

 

 

2.リフォーム業務スペシャリストの業務の本質・・・

業務スペシャリストの仕事の本質は実行役のコーディネーターが出来るだけ良いパフォーマンスを発揮できるように業務を準備サポートする事です。

 

話は少しそれますが、私はテニスが好きでテレビで良く見ます。

日本には錦織圭選手、大阪なおみ選手という有名選手がいますが、この選手たちには必ずコーチがいて技術的な改善や戦略その他、どの様に戦ってゆくかを二人三脚で進めて行きます。

そして優秀なコーチは下位にいた選手を上位ランキングに導きます。

 

これと同じで業務スペシャリストはコーディネーターと二人三脚で受注獲得や質の高いリフォームの完成を支えるコーチのようなプロフェッショナルな仕事です。

業務スペシャリストの仕事次第でコーディネーターのパフォーマンスが決まってくると云っても過言ではありません。

 

 

 

 

 

3.業務の分担と仕組み・・・

当社では最初のお打ち合わせからお引渡しまでの業務を約50項目に細分化し、各業務の業務量比率が決められています。

更にその中でコーディネーターが行うべき業務と業務スペシャリストが行う業務を分けています。

 

例えば見積作成の業務では見積書に項目や数量を入力する作業や商品候補選定、業者からの見積取寄せ、などは業務スペシャリストが行いますが、見積の最終チェックや最終提出金額の決定はコーディネーターが行います。

上記のように現場を進めて行く過程で必要になる書類作成などをコーディネーターと業務スペシャリストが打ち合わせを行いながら並列で進めて行きます。

 

この方式は営業、工事と分けた場合の伝達不良からくるクレーム等が無く、一人で全業務を行う方式に比べ、業務負荷の集中がなくなります。

更に専門性が高くなり、業務集中が出来る事から、業務効率も高くなります。

 

 

 

 

 

4.リフォーム業務スペシャリストの具体的な仕事

業務スペシャリストの業務は『基本給に含まれる業務と、成果給に連動する業務』に分かれています。

基本給に含まれる業務は会社全体にとって必要な業務で、単価表のアップデートや現場調査用紙など定型書式の整理、更にホームページへのビフォーアフターのアップ等です。

成果給に関連した業務は、個別現場のキャド図面作成や見積書などになります。

具体的には以下のようです。

 

■現場でのお客様のヒアリング(Rコーディネーターと同行)

■キャドによる提案図面の作成

■エクセルによる見積書の作成

■工程表の作成

■各部位の色柄決め

■発注部材のリスト作成

■役所や管理組合への申請書類の提出

■施工写真の撮影

■完成写真の撮影

■引き渡し書類の準備

■ホームページビフォーアフターの掲載

■フェイスブックへの情報掲載

■価格表の単価のアップデート

■現場調査用紙や概算見積書など定型書類や常設資料の整理

 

業務は上記のように多岐に渡ります。どの業務もあなたの能力が発揮され改善されれば社員の業務効率アップに大きな影響を与える重要な仕事で、あなたを含め社員の収入、会社の業績に貢献する素晴らしいい仕事です。

 

 

 

 

 

5.ストレスが無い理由・・・

ストレスが無いと云うと少し言い過ぎかも知れませんが、内容的にはそれなりの高いものを求められますが、主なストレスの原因になるお客様との交渉やノルマと云ったものは業務には有りません。又、コーディネーターに提供される図面や見積なども最後チェックはコーディネーターが行い最終責任を持ちます。そう云う意味でストレスフリーの業務と云えます。

 

大事な事はなるべくRコーディネーターの意に沿った完成度の高い作業を行う事です。

そうすればRコーディネーターは確認と多少の修正で仕事を前進させることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

6.必要なスキルと社員教育・・・

業務スペシャリストの仕事で必要なスキルはエクセルの操作、キャドの操作です。

エクセルは業務の中心的なものですが一般的な操作が出来れば十分です。

キャドは入社してから研修を受けてもらいます。

 

リフォームの知識と云う点では経験が有ればよいですが、無くても机上の社員教育やOJTで習得が出来ます。

未経験の方でも3年くらいで業務に必要な知識をほぼ身に着けることが出来ると思います。

更に仕事に磨きをかけ4~5年で一人前のリフォーム業務スペシャリストになれると考えています。

 

 

 

 

 

 

7.収入の仕組み・・・

給料は基本給+成果給です。

基本給は学歴や経験年数によって20万円~24万円の範囲になります。

これが採用時の基本給です。

 

成果給は現場で得た利益の一部を担当社員に還元するシステムです。

業務スペシャリストはコーディネーターとペアーになり現場を完成させますが、

その現場で得た利益を係わった業務量に従ってコーディネーターと分かち合います。

そして基本給に成果給をプラスした額が給料として支払らわれます。。

 

仕事に慣れるに従い業務量が増え、成果給の加算が多くなります。

そして、毎年1月に基本給の査定が行われます。

査定方法は前年の成果給の平均額に基づき成果給連動基本給表に従い行われます。

 

当然前年の成果給が多ければ基本給の査定も高くなります。

尚、この査定は一覧表で社内公開されており、誰でも見ることが出来ます。

今年は頑張ったのに会社の意向で査定結果が低かったというような事はありませんので安心です。

基本給の設定上限は現在55万円です。

 

 

 

 

 

 

8.成果給の算出方法・・・

成果給は現場の利益の一部を担当した社員に還元する給与システムで、成果給の算出は担当した現場が完了した時点でRコーディネーターが会社に申請する『個別現場決算申請により決定』します。

 

これは毎月19日に行われ、その月の給料に反映されます。

二人三脚で頑張って上げた利益の成果給用還元部分はコーディネーターと業務スペシャリストが係わった仕事量に従って分配されます。

 

例えば係わったA、B、Cと云う現場が完成し、Aの成果給用還元利益が6万円、Bが8万円、Cが10万円だったとし、各々の現場で係わった業務比率がすべて30%だったとすると、A現場分は6万円X30%で1.8万円、Bは2.4万円、Cは3万円となり、この月の成果給の合計は7.2万円とになります。

よって基本給が24万円の人の当該月の給料は31万2千円になります。

 

 

 

 

 

 

9.リフォーム業務スペシャリストの年収推移予測・・・

年収は仕事の精度やスピード感にも左右され、又、経験値にもよりますが

未経験で入社された場合には概ね以下のよう推移すると考えています。

1年目で270万円

3年目で360万円

5年目で450万円

7年目で540万円

 

業務スペシャリストから提供される図面や、リフォーム提案書に説得力が有ればリフォームコーディネーターは容易に契約が取れるでしょうし、必要な書類関係がスピーディーに用意されれば現場の数をこなす事が出来、成果給が上がり、結果的には翌年の基本給も上がります。

ご自分のスキルや業務処理能力によっては年収600万円も十分に可能です。

 

 

 

 

 

最後に・・・

今回募集しているリフォーム業務スペシャリストは、当社が目指している『いつまでも安心して働ける会社づくり』の目標に沿ったもので『すべての社員(経営者である私も含め)が出来るだけストレスなく長く働ける会社』を実現させる一つの具体策です。

 

アリキリリフォームは社員全員が自信を持って仕事を行い、それを良しと認めてくれるお客様、更にその姿勢を共有できる協力会社の三者が共に良くなる、『三方よしの考え方を』を経営理念としています。

 

過剰な価格競走、無意味な遠方地の営業、お客様の理不尽な要求など理に沿わない事を極力排し、働く全員の健康と安寧を願って会社経営を行っています。

 

更に定年制を廃止し、これからの日本でも長く安心して働ける受け皿としての会社を目指しています。

 

このような考え方に賛同され、一緒に働きたいとお考えでしたら

是非ご応募ください。

 

応募要領はこちらです・・・

 

 

 

アリキリリフォーム(株)

代表取締役 常田 豊

 

記事タグ:まったく新しい事務系正社員 『リフォーム業務スペシャリスト』 募集ブログ

comment closed

新着ブログ