TOP PAGE » 新着情報, その他 » 求人 | 家庭と仕事が両立出来る新しい働き方 ≪リフォーム業務スペシャリスト≫ 

求人 | 家庭と仕事が両立出来る新しい働き方 ≪リフォーム業務スペシャリスト≫  

投稿:常田 豊

 

求人|家庭と仕事が両立出来る新しい働き方≪リフォーム業務スペシャリスト≫

 

2020年2月新規募集

 

 

 

 

 

わたしたちアリキリリフォームは家庭と仕事を両立しながら、女性が活躍でる新しいい働き方を考えました。

それが『リフォーム業務スペシャリスト』です。リフォーム業界で今までキャリアアップしてきたスキルを活かし、『定時退社と100%休暇取得を最優先』しながら収入もご自分のスキルに準じて得ることが出来る全く新しいい働き方です。

 

興味のある方は是非ご検討頂ければと思います。

尚、このブログでは、リフォーム業務スペシャリストの具体的な『業務内容、働き方、収入』など詳しい情報を記載いたしましたので、是非ご覧ください。

 

更に詳しいい内容をお知りになりたいという方は下記からお問い合わせください。私、社長の常田が責任を持ち丁寧に説明させて頂きます。

 

リフォーム業務スペシャリストに関してのお問い合わせ先

 

 

 

 

 

 

 

1.リフォーム業務スペシャリストはこんな方にお薦めしたい・・・

 

リフォームのスキルには自信がありこの業界で働きたいけれど、残業が多く休みが取り難い今の働き方ではとても仕事と家庭の両立が難しいい。

リフォーム業界はこうした働き方が当たり前になってしまっている事もあり、上記の様な悩みをお持ちの女性が多いと聞いています。業界全体としてまだ働き方改革には消極的と云えます。

 

アリキリリフォームはそうした女性の働き方を考えた結果、『定時退社と100%休暇取得を最優先』という働き方でありながら、脇の仕事では無くリフォーム本流の仕事に携わってゆくという業務システムを考え出しました。このシステムによってキャリアやスキルを活かして働きながら家庭の時間も確保ができます。

 

 

 

 

 

 

 

2.いままでのリフォーム会社には無いリフォーム業務スペシャリストと云う職種・・・

 

では、具体的にどのようなものかと云うと、今まで一人で行っていた業務を下の表の様に、『お客様や職人さんを対象に、営業や施工管理を行うリフォームコーディネーター』『リフォームコーディネーターが必要とするリフォーム提案書や見積書などの書類の準備作成を主に行うリフォーム業務スペシャリスト』ワンチームとなり、手分けをして仕事を行うというシステムです。

 

他の会社でよく見かけるのは営業は営業担当者が行い、工事は工事担当者が行う云うやり方ですが、当社のシステムは『準備担当と実行担当』に分かれ、『2人の担当が並列で業務を進めるパラレルワークス』と云うスタイルです。

 

 

 

例えば見積作成では現場調査は2人で伺い、現場の状況とお客様の要望を共有します。リフォーム提案書や見積書は業務スペシャリストが作成し、RCが最終確認を行い、見積提出はリフォームコーディネーターが行います。

 

リフォーム業務スペシャリストは営業の最前線に立つことはありませんが、スペシャリストとしてお客様が望むプランを作成し、その見積を作るという専門的な業務を行うわけで、その仕事内容が良ければ成約確率も高くなり、当然ご自分の収入も増えて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

3.リフォーム業務スペシャリストの業務の本質・・・

 

業務スペシャリストの仕事の本質は実行役のリフォームコーディネーターが出来るだけ良いパフォーマンスを発揮できるように業務を準備サポートする事です。

 

話は少しそれますが、私はテニスが好きでテレビで良く見ます。

日本には錦織圭選手、大阪なおみ選手という有名選手がいますが、この選手たちには必ずコーチがいて技術的な改善や戦略その他、どの様に戦ってゆくかを二人三脚で進めて行きます。

そして優秀なコーチは下位にいた選手を上位ランキングに導きます。

 

これと同じで業務スペシャリストはリフォームコーディネーターと二人三脚で受注獲得や質の高いリフォームの完成を支えるコーチのようなプロフェッショナルな仕事です。

業務スペシャリストの仕事次第でリフォームコーディネーターのパフォーマンスが決まってくると云っても過言ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

4.体験入社制度・・・

会社選びで一番大事な『会社や働く仲間との相性』が確認できる。

 

体験入社制度は誤ったマッチングで社員の方が不幸になったり、会社が不利益を乞う事が無いように考えられた制度です。入社後、実際に行う勤務を体験することで面接や会社訪問では分からない仕事のやり方や社内の人間関係などを詳しく知ることが出来ます。

 

尚、体験入社はパート社員契約とし、賃金は時給計算で前職の収入を基準に日給を算出し、勤務日数に乗じて支払われます。体験入社は最長3ケ月間実施され、どのタイミングででも、どちらからでも、『辞退及び入社希望』を伝える事が出来、双方合意に至った場合に正式入社となります。

 

 

 

 

 

 

 

5.リフォーム業務スペシャリストの収入の仕組み・・・

 

リフォーム業務スペシャリストの給与体系は基本給(固定給)+成果給(変動給)の2本立てです。正規採用時の基本給は経験年数と体験入社の勤務状況から査定しますが、概ね25万円~30万円を想定しています。成果給は現場で得た利益の一部を担当社員に還元するシステムです。業務スペシャリストはリフォームコーディネーターとワンチームで現場を完成させ、得た利益を係わった業務量に準じリフォームコーディネーターと分かち合い、成果給と云う形で毎月支払われます。

 

一般に仕事に慣れるに従いこなせる仕事量が増えその結果成果給も増えて行きます。そして、毎年1月に基本給の査定が行われます。前年の成果給の平均値に準じた基本給が設定されているのでそれに従って基本給が決定されます。査定方法は前年の成果給の平均額に基づき成果給連動基本給表に従い行われます。当然前年の成果給が多ければ基本給の査定も高くなります。

 

尚、この査定は一覧表で社内公開されており、誰でも見ることが出来ます。今年は頑張ったのに会社の意向で査定結果が低かったというような事はありませんので安心です。

 

基本給と成果給の設計上の比率は75:25になっているので、一般的には基本給25万円の人は平均成果給が6万円強になり、30万円の人は7.5万円ほどなので、年収は370万円~450万円と試算されます。

 

 

 

 

 

 

 

最後に社長から一言・・・

 

今回募集しているリフォーム業務スペシャリストは、当社が目指している『全員がいつまでも安心して働ける会社づくり』の目標に沿ったもので『すべての社員(経営者である私も含め)が出来るだけストレスなく長く働ける会社を作る』を実現させる具体的なものです。

 

アリキリリフォームは社員全員が自信を持って仕事を行い、それを良しと認めてくれるお客様、更にその姿勢を共有できる協力会社の三者が共に良くなる、『三方よしの考え方を』を経営理念としています。

 

過剰な価格競走、無意味な遠方地の営業、お客様の理不尽な要求など理に沿わない事を極力排し、働く全員の健康と安心を願って会社経営を行っています。

 

更に定年制を廃止し、これからの日本でも長く安心して働ける受け皿としての会社を目指しています。

 

このような考え方に賛同頂き、一緒に働きたいとお思いでしたら

一度お声かけください・・・お待ちしていま

 

ご連絡はこちらからお願いします。

 

 

 

アリキリリフォーム(株)

代表取締役 常田 豊

 

記事タグ:まったく新しい事務系正社員 『リフォーム業務スペシャリスト』 募集ブログ

comment closed

新着ブログ