横浜 リフォーム|リフォームは会社選びで決る(前編)|アリキリ

投稿:常田 豊

 

 

横浜 リフォーム|リフォームは会社選びで決る(前編)|アリキリ

 

 

以前にも

 

『リフォーム業者の選び方・・・

失敗しない7つの着眼点』と云う

 

タイトルでリフォ-ム業者選びに関してお伝えした事があります。

このテーマは私のブログの中で現在人気2位のテーマですが

これは決して喜べるような話ではありません。

 

リフォーム業界は新規参入する会社も多いのですが、

『やり逃げ的な会社も多く』

お客様が手直しを求めてもまったく対応する気がなく、

やむなく当社に相談に来られる方も多くいらっしゃいます。

 

 

 

■リフォームの被害者にならない考え方・・・

 

今回のブログは特に若い世代でこれから中古マンションや

住宅を購入してリフォームを考えている方、

 

又は、リノベーション済みマンションの

購入を考えている方に読んで頂きたいと思います。

 

 

私が知る限りの現実のリフォーム業界状況を書きました。

 

●会社の仕組みが成功失敗を決めている事

●相見もりの本当の意味

 

など現実的な情報やノウハウをお伝えしています。

周囲やマスコミの意見に左右されずに、このブログで訴えている内容をご理解頂き

ご自分で冷静に判断すれば必ず良い業者を選びが出来ます。

 

 

 

 

 

■成功リフォームにも失敗リフォームにも原因が有る・・・

 

運良く成功する訳でも

運悪く失敗する訳でもなく、

 

成功する会社は

成功する仕組み=原因が有り、

 

失敗する会社は失敗する仕組みが有ります。

その為に、会社を選んだ時点でほぼ結果は決まってしまいます。

言い方を変えると、会社を選んだ皆さんに原因があるとも云えます。

■リフォーム会社ならどこでも同じ良い仕事が出来るわけではない・・・

 

リフォーム会社ならどこでも、良質なリフォームが出来る訳ではなく、

品質の差は大きいです。

 

私の感覚では、一般的なリフォームが安定的にきちんと行える会社は全体の

1/3位ではないでしょうか

 

リフォームは誰がどのように工事したか分からないところを、カンと経験を

総動員して行う、大変リスクの高い仕事です。

 

相当の能力と経験が無いと良いリフォームは出来ません。

 

会社を選ぶ際には綺麗なホームページや金額の安さに惑わされることなく、

会社の本質を見抜く事が重要です。

 

 

 

 

 

 

魔法を信じるのではなく、物事の仕組みを正しく理解する・・・

 

人間は自分が欲することを、云ってくれる人を信じようとします。

その反対に理屈が通っていても自分が求めていない事には反発する傾向があります。

 

・C国製の商品は安いけれど、出来は良くない。

・国産の物は価格は高いけれど品質が良い。

 

これは『良い物は高い』理屈に叶った現実で多くの皆さまが理解をしています。

ところが、ご自分のリフォームになるとこれを忘れて価格の一番安い会社を選びます。

 

価格も安く品質も良いと言う魔法のような事はあり得ません。

ここは失敗しない為の大事なポイントです。

 

 

 

 

 

■失敗する会社の仕組み、成功する会社の仕組み・・・

 

私が見る限り、業界には大きく分けて3タイプの会社が有ります。

 

1.ほとんど失敗しない会社の特徴・・・

少数精鋭で行っている会社で、経験年数が有りスタッフ全員、

職人さん皆さんが一定のレベルに達している会社です。

 

2.失敗、成功の確率が半々の会社の特徴・・・

大手の会社にこの傾向があります。

社員が多いので実力にバラツキが有り職人さんにもバラツキが有ります。

 

3.失敗する確率が非常に高い会社の特徴・・・

社歴の短い会社に多く有ります。

会社にまだ能力が無く、職人さんも揃っていないのでまともな仕事が出来ません。

又、過剰に営業だけに集中している会社も危険です。

 

 

リフォームを成功させる仕組みは

 

①会社に良い仕事をしようと云う気持ちが有ること。

②仕事が出来る社員がいる事。

③腕の良い職人さんがいる事。

 

その中でも一番大事な事は

①の会社に良い仕事をしようと云う気持ちが有ることです。

 

そうした会社には良い社員、良い職人さんが自然に集まってきます。

 

 

■業界の3つのタイプの会社を詳しく解説・・・

●ほとんど失敗しない会社

手前味噌になりますが当社もその中に入ると自負しています。

地域に密着して少数精鋭で25年以上も横浜でリフォーム専門で行っています。

 

どんな商売でもそうですが地元で長く営業を行っているという事はそれなりに

仕事に対して信頼がある証拠です。

 

リフォームで云えば長年の経験で技術も安定して良い職人さんがいる訳です。

又、価格も無理のない範囲で設定されています。

 

●失敗、成功の確率が半々の会社

リフォームの評判を見ていると同じ会社なのに、『Aと言うお客さんは良い』と評価し

『Bと言うお客さんはダメ』と云っているケースがあります。

 

これ不思議だと思いませんか?

普通ならば善い会社は善いし、ダメな会社はダメなはずです。

 

リフォーム業界(建築業界も含む)は会社の中に個人商店が有るような場合も多く、

場合によっては担当者ごとで見積金額が違う程です。

当然ながら担当者によってリフォームの出来具合にも差が起こります。

 

これも仕組みの話で、多くの社員や職人さんを使っている所では能力に

差が生じ、このような事が起きます。

 

この状況は中堅や大手の会社に見られることが多いです。

●失敗する確率が非常に高い会社の仕組み・・・

高い歩合制で営業社員を雇っている技術より営業に重点を置いている会社は

失敗が多くなる可能性を持っています。

 

こうした会社では営業成績を優先するあまり価格を必要以上に

下げて受注する事が良くあります。

 

価格を大きく下げて受注した皺寄せは

施工管理の頻度を減らし、安い職人さんを使う

結果になって現れてきます。

 

リフォームは施工管理を行わないで出来上がるほどなまやさしいい物ではなく

その為に失敗が発生します。

 

手間の安い職人さんは腕が悪い事と同意語です。

これでまともなリフォームが出来たら奇跡です。

 

以上が前編で私がお伝えしたかったリフォーム業界の実態です。

 

ここでお伝えしたことを業者さんとの面談の際に思い出して会社の本質と

会社の仕組みをしっかり確認して下さい。

 

 

後編は、誰も言っていない、

『失敗しない相見積もりの考え方』を中心にお伝えします。ご期待下さい。

 

 

『前編のまとめ』

1.リフォームの被害者にならない考え方

2.成功リフォームにも失敗リフォームにも原因がある。

3.どの会社も同じようなリフォームが出来る訳ではない。

4.価格がすごく安くて品質がすごく良いリフォームはあり得ない。

5.3タイプに分けられるリフォーム会社の失敗確率。

 

 

 

一級管工事施工管理技士

2級建築士

マンションリフォームマネージャー

(株)アリとキリギリス

代表取締役 常田 豊

記事タグ:横浜 リフォーム|リフォームは会社選びで決る(前編)|アリキリ

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました