TOP PAGE » カビ結露防止リフォーム, 新着情報, リフォーム事例 〜マンション編〜 » 結露・カビ対策リフォーム | 横浜 港南区

結露・カビ対策リフォーム | 横浜 港南区 

横浜市港南区 安心リフォームアリキリ・Arikiri

 

投稿者:Ai Takase

 

 

★ビフォー・アフター ~マンション編~

— T様 —

地域:金沢区

施工費用:690,000円

工期:10日

マンション結露・カビ対策リフォーム

発泡ウレタン断熱・インナーサッシ工事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションの北側は結露が多く出るお宅が結構ありますよね。

断熱施工やカビ対策は十分されているのかいないのか?壁の中がどうなってるのかなんて知る由もありませんよねぇ。

 

マンションではお風呂に入ったり、キッチンで煮炊きしたり、人の体温ですら結露の原因になります。

 

換気も大事ですが、寒い寒い冬に24時間窓を開けっ放しなんて、出来るはずもありません。

 

壁のクロスが真っ黒(´;ω;`) 窓の木枠が腐ってきた(´;ω;`) カーテンにも黒い点々が・・カビだろうな(´;ω;`) 毎日毎日、結露でビッショリの窓拭く面倒だなぁ(´;ω;`)

 

そんな冬時期の憂鬱を解消するには、壁の中の断熱を根本からやり直す必要が有ります(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

— 発泡ウレタン工事 —

 

 

壁が黒ずんできて、木枠も腐ってきてますね。

もっと酷いお宅も結構ありますがT様は綺麗好きなのでしょう。この段階で断熱工事に踏み切ります(*^-^*)

[施工前]

 

 

 

 

既存の壁を剥がしています。

[施工中]

 

 

 

発泡ウレタンを吹く準備です。発泡ウレタン施工後のボード貼りの為に、規則正しく軸を組んでいきます。

[施工中]

 

 

 

 

発泡ウレタンを吹きます。

その後、アリキリ独自の断熱効果のあがる施工をします(*^^)v

発泡ウレタンの良い所は、垂木の間の隙間にも入り込み、空気層を無くし気密性が高くなり、断熱性能があがります。

[施工中]

 

 

 

 

 

 

クロスを綺麗に仕上げる為にも、丁寧にボードを貼ります。エアコン設置個所には下地補強の為に分厚いベニヤ板を貼っておきます。

[仕上げ前]

 

この後インナーサッシを取り付け、クロスを貼りますが、担当:常田、完全に写真撮り忘れるの巻( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

 

 

 

 

工事を終えて担当より

営業・現場担当:常田憲満

 

カビが発生して困っていた時期に、同じマンションで施工していたアリキリにお声がかかり、ご依頼頂けました。

 

床をいじらずの工事でしたので、壁と床の取り合いや、断熱材吹き付け時の養生等は気を配りました。

今回の断熱は発砲ウレタンを使用しました。その他の断熱材にスタイロフォームと云う、発砲スチロールのような断熱材がありますが厚みが50㎜あり、その点でも発砲ウレタンは半分の25㎜で同じ性能が可能ですので、部屋内を有効に使えますし、既存との取り合いが上手くいきますのでお奨めです。

 

カビは人体への影響もあるので、気が付いた時点で早急な処置が必要になります。

カビが広範囲に発生する前に根本的な処置が出来て良かったです。

 

 

 

 

■T様、この度はご依頼頂き有難うございます。

これからもアリとキリギリスを宜しくお願い致します。

アリキリスタッフ一同

コメントフォーム

新着ブログ

-->