施工事例|サンルームの強い日差しに耐えるフロアタイル | 横浜 アリキリ

2017.04.20


横浜市  安心リフォームアリキリ・Arikiri



★ビフォー・アフター ~戸建編~









サンルームの強い日差しに耐えるフロアタイル工事




— O様邸 —


地域:港南区

施工期間:1日

費用:89,000円



今回ご紹介する施工事例は、サンルームの日当たりが良過ぎてフローリングが痛んでしまったお客様です。







― サンルームフロアリフォーム ―




[施工前]




見事なまでに剥がれていますね。。

フローリングの表面の化粧材が日差しで劣化するとこんな事になってしまうんですねぇ・・




[施工中]




綺麗に施工するために、まずは既存の剥がれかけた表面材を丁寧にケレンします。





今回使用するのはサンゲツのフロアタイルです。






クッションフロアーより硬い硬質塩化ビニールの床材ですがカットは簡単に出来ますので施工性には優れています。

模様やデザインも幅広く高級感がありますので店舗の床などで良く使われます。

最近では住宅の水回りでも良く使われますが、土足で大丈夫なくらい強いのでサンルームの日当たり対策にも良いと思います。





[施工後]




綺麗に貼り上がりました。これからまた気持ち良くサンルームが活用できます(*^-^*)







工事を終えて担当より




営業・現場管理担当:常田憲満


今回のお客様 O様は、[ぱど]の折り込みチラシで当社をご存知で、ご依頼を頂けました。


まず、フローリングには突板仕様とシート仕様が有ります。

シート仕様はベニヤの上に木目のシートを貼った物です。

サンルームの様に、日差しが強い場所にシート仕様のフローリングは不向きです。


サンルームだけあって日当たりが相当強く、現状を見て商品の選定に気を使いました。

更に、表面が剥がれているだけで下地は全く痛んでいなかったので、費用を抑える為に下地はそのままに表面のシートを削って2.5mmのフロアタイルを貼る事をお勧めしました。


しかし、既存のフローリングの高さがマチマチだったので、周辺との取り合い難しかったのですが、内装職人さんがフローリングを薄く削って上手く枠材から小口が見えないように調整してくれました。


立地条件・現状・使い勝手に合わせて良い提案が出来たと思います。





■O様、この度はご依頼頂き有難うございます。

今後ともアリとキリギリスを宜しくお願い致します。

アリキリスタッフ一同










  1. 営業エリア:横浜市 / 港南区・栄区・南区の全域 及び 戸塚区・泉区・旭区・保土ケ谷区・磯子区・金沢区の一部

    当社はきめ細やかな対応を営業方針としており、概ね30分以内のエリアに限らせて頂いております。詳しくはお問い合わせください。
    リフォームのご相談はメール・お電話にて事前にご予約をお願いいたします。ご相談申込みページ
  2. 営業時間:9:00~17:30 電話受付17:00まで  お客様専用:0120-414-065
    定休日:日曜日・祭日・第2、第4土曜日 (Arikiri働き方改革)



タイトルとURLをコピーしました